ニキビ肌を洗うときは泡立てネットを使うことも効果的!

ニキビのある肌を洗顔するなら泡立てネットを使おう

泡立てネット

ニキビに悩んでいる方なら日々のスキンケアには気を使っていると思いますが、洗顔時に泡立てネットは使っていますか?

顔を洗う時の洗顔料や、その後の化粧水や美容液にはこだわりを持って肌に優しいものやニキビにいいものを使っている方は多いと思いますが、意外と泡立てネットの重要性は理解されていないのではないでしょうか?

保湿などももちろん大事ですが、スキンケアの最初の段階の洗顔方法が間違っていたら、いくら高価な化粧水などを使っていても効果は薄くなってしまう可能性が高いのです。

ニキビケアにおいて大切なスキンケアである洗顔を適切に行うためにも、泡立てネットは大切な役割をしてくれるのです。

これからニキビケアをする上で正しい洗顔方法を実践したいと思っている方に、泡立てネットの重要性や使用する上での注意点などを詳しく解説していきたいと思います。


ニキビケアに泡立てネットが重要な理由

チェック

ニキビケアをする上で、泡立てネットが重要な役割を果たしてくれると言いましたが、洗顔時に使用することで具体的にどのようなメリットがあるでしょうか?

簡単に行ってしまえば、豊富な泡を作ることで

刺激を抑えた理想的な洗顔ができる

ということなのです。

では、どうして刺激をしないようにすることが大事なのでしょうか?

その理由は

  • 炎症の悪化を防ぐ
  • ニキビが再発しにくい肌へのサポート

といったメリットがあるからなのです。

では、優しく洗うことがどれほどメリットかを理解するためにも、もう少し踏み込んで説明しましょう。

炎症の悪化を防ぐ

豊富な泡

これは何となくイメージしやすと思うのですが、泡立てネットを使って豊富な泡を作ってクッション代わりにすることで刺激を抑えることができ、ニキビによる炎症の悪化を防ぐ効果が期待できます。

ニキビが残った肌は優しく洗うことが前提ですが、ただ力を抜いて洗っても手と顔の皮膚が直接触れて摩擦による刺激を与えてしまっては意味がありません。

そのため、刺激をできるだけ抑えた洗顔をするためには、力加減よりも手と顔の間に介在して刺激を和らげてくれるような豊富な泡を使って洗うことが大切なのです。

ニキビが再発しにくい肌へのサポート

スキンケア

泡立てネットを使って肌に優しい洗顔を実施することで、ニキビの再発を予防する効果も期待できます。

意外と知られていないのですが、私たちの皮膚は刺激を続けていると、その刺激をどうにかして和らげようとして皮膚の表面にある角質層が厚くなってきます。

角質層は古くなると垢となって剥がれてターンオーバーによって新しいものと交換されるのですが、擦るような刺激を続けると古い角質が残って角質層が厚くなってしまいます。

そうすると、毛穴の出口付近を狭めるように角質が厚みを増すため、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

ニキビはもともと毛穴が詰まったことで毛穴の中でアクネ菌が繁殖してしまうことが原因なので、再発を防ぐためにもスキンケアではできるだけ刺激を抑えて皮膚のターンオーバーを正常に保つことが大切なのです。

そのため、洗顔時には泡立てネットを使ってふんわりとした柔らかい泡を作ることが、繰り返しニキビができにくい肌をつくるサポートになるのです。


クッション泡が作れるニキビ用洗顔石鹸 詳しくはコチラ


泡立てネットを使用するときの注意点

ダメ

泡立てネットを使うことでニキビのある肌を刺激しないようにすることは大事なのですが、

不衛生になりやすい

というデメリットがあるので注意が必要です。

使用した後に濡れたまま放置しておくと雑菌が繁殖しやすくなりますし、洗顔フォームがすすぎきれずに残ったままになっているとカビなどが生えやすくなります。

せっかく肌への刺激を抑えることが目的なのに、不衛生な状態のまま泡立てネットを使っていたらカビなどの有害な成分が肌への刺激になってトラブルを起こしかねません。

そのため使用後は

  • お風呂場に置きっぱなしにしない
  • 泡をしっかり落として乾燥させる
  • 一定期間で交換する

といったメンテナンスを怠らないように注意しましょう。

実際に使い始めてみると、泡が作りやすくて便利だけどメンテナンスが意外と面倒であることは十分認識しておかなければいけません。

洗顔料の選び方も大事

洗顔料

泡立てネットを使うことで簡単に泡を作ることができるのですが、肌に優しい弾力のある泡を作るにはそれだけじゃなくて

どのような洗顔料を使うか?

ということもとても大切です。

顔を洗う時にクッションのように刺激を和らげるためには、簡単につぶれないような泡が必要なのですが、ハンドソープのようなスカスカの泡ではいくら泡立てても摩擦などの刺激を緩和することはできません。

だから、泡立てネットを使って低刺激でニキビに合った洗顔を実践したいのであれば、もちもちとして弾力のある泡を簡単に作れるような洗顔料を選ぶことも忘れないでくださいね。

豊富な泡が簡単に作れるニキビ用洗顔石鹸!

↑ PAGE TOP