ニキビ予防やケアにはバランスよい食事も重要

規則正しい生活とは

規則正しい生活とは、ただ食事を食べるのではなく

  • 腹八分目で抑え
  • バランスよく栄養を摂取
  • 睡眠の3時間前には食事を終える

事が大切です。

睡眠直前に食べると胃の中に消化しきれていない食べ物が残ります。

胃の中に残留したまま寝る事により肌荒れを起こしてしまうと言われているので注意です!

バランスよく栄養をとろう

次は、ニキビの原因ともなりうるホルモンバランスの崩れ。栄養を取りつつホルモンバランスを整える食材を紹介します。

~大豆製品を積極的に摂る~
大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ“イソフラボン”という成分が含まれています。
生理前に豆乳を飲むと生理痛を抑えられるとも言われていますが、普段から毎日少しでも豆乳を飲む習慣をつけることができれば、肌の調子も向上して行きます。

~肌再生のためにビタミン~
ビタミンB6(魚類)、E(ナッツ類)には女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。

人の身体を作っている主な成分はミネラルとビタミンです。

特にその2つが不足することで、代謝の低下、肌荒れや髪の痛み、肌の再生能力の低下が起こります。

つまりビタミンが足りないことで、いくら大豆を摂取しても再生がされないためなかなか改善できないのです。

↑ PAGE TOP